在宅介護型施設

高齢化社会がさらに進行することが予想される現代社会。介護の分野では在宅介護が重要なテーマとなっています。要介護者の増加によって入所型の介護施設への入所が希望する人が急増し、施設の設置が間に合っていない状況です。一方ではできるかぎり自宅で過ごしたいと思う高齢者がほとんどという面もあります。また入所型介護施設では費用の負担が大変という点も挙げられるでしょう。
しかし、在宅介護は決して楽なものではありません。要介護者の健康状態によって24時間様子を確認していなければならない場合もあります。家族など介護者にかかる負担も大変なものとなります。介護疲れで体調を崩してしまったり、ストレスを抱えて精神的に参ってしまうことも。家庭内の空気が悪化してしまう恐れもあります。在宅介護にはそんな負担を少しでも軽減させるための対策も必要になってくるのです。

そこで重要になるのが在宅型介護施設です。これは数日間、あるいは日帰りでの利用を前提としたサービスを提供することで在宅介護をサポートしてくれるものです。入浴や排泄、食事などのケアを行うほか、機能訓練やレクリエーション・創作活動を通しての精神面のケアも行います。要介護者は同じ環境にある入所者と交流する機会を得ることができ、介護者はつかの間介護から開放され、心身ともにリラックスする機会を得ることができます。これらの介護施設でも要介護認定を受けていれば介護保険で利用することができます。
また、在宅介護をサポートしてくれるサービスや制度も忘れてはならないでしょう。介護用具の購入やレンタル、バリアフリーへの改修などに介護保険を適用させることができます。こういったサービスを環境に合わせて利用することでより不安と負担を減らすことができるのです。

介護する側も、される側も不満や苦悩をひとりで抱え込んでしまいがちなのが在宅介護の大きな問題点です。在宅型介護施設はそうした悩みを解消してくれる貴重な場でもあるのです。